パーソナリティは、雪国サザンカがお送りします

というわけで、昨日ラジオの収録に行ってまいりました。
お仕事の関係でとあるローカル局のとある番組にゲスト出演することになりまして、人生で初めてラジオの収録というものを体験してきました。

どうせモブ的なチョイ役で30秒くらい出ただけだろ、とか思っているそこのあなた、15分丸々しゃべってきたんですよ
生放送ではないので原稿は用意して行ったのですが、パーソナリティの方が自然な形で合いの手を入れてくれたりなんだりかんだりしてくださったおかげで、素人なりに頑張れたんじゃないかなって思います。
かなり緊張するかと思いましたが、おかげさまで全く緊張せず楽しく話してこられました。
っていうかプロの方はやっぱりすごいんですねー(小並感)

15分っていうと大した時間ではないと思われるかもしれませんが、話すとなると一行一行が、意外と早く過ぎてしまいます。
今回の原稿は通常のWordの文書スタイルだとA4まる5枚くらいの分量になりましたので、起案するのもそこそこエネルギーが要りました。
しかも、普段書いている文書とは毛色が全然違いますからね……。
日常の業務に支障が出ないように夜中の時間を少し使って書きました←えっお前そのころレートに潜ってたじゃん

15分の枠を用意するのもそこそこ大変だったので、一つの番組を作るのにかかる人手や労力は想像もつかないですよね、なんてつまらん感想しか出てきませんが(笑)

と、そんな感じでラジオデビューを果たしてまいりました。
大体1カ月先くらいにオンエアされるそうですので、楽しみに待っていようと思います。















次の目標はMステですかねっ💛




gengar-mega.gif    「……滅べ」






「ア゛ッ!!!!」
スポンサーサイト

いただきもの

先日、某BBSにて自分と相棒を書くというスレがあり、お願いして書いてもらいました。

サムネ

かなりイケメン化してはいますが、顔の造作を除けば大体こんな感じの姿をしています。
普段こんなに強者感は出ていないですけれど(笑)
絵師さんってすごいんですね。
この場を借りてお礼申し上げます。素敵なイラストをくださって、どうもありがとうございました。
さっそくプロフィールのサムネにも使わせていただきました。

ちなみに、4シーズンほどパンプジンを使っているから相棒はパンプジンと思われるかもしれませんが、実はオノノクスが好きなんです。

せっかくいいイラストをいただいたので、これに見合った結果を残せるように頑張りたいですね。
レートもそろそろ佳境ですが、気合を入れなおしていきましょう(闇落ちはNO(笑))
ここまでお読みいただきありがとうございました。

テーマ : ポケモン
ジャンル : ゲーム

本当にあった怖い話

あれは……そうさね、ついこの前の木曜日のことだったよ。

その日は仕事を終えて午前1時過ぎに帰宅してね。
いつもどおり、構ってほしくてまとわりついてくる妻をあしらいながら、淡々と食事を済ませ茶碗を洗っている時に、ふと思ったんだ。

―-ああ、明日は古新聞を出す日だ

ってね。
だから自分は、何の気なしに妻に新聞を出してくると告げ、新聞を抱えて運ぶ準備を始めた。
そうしたら妻は、「私も行く」と言ってくっついてきた。

うちの妻はどうにも甘えん坊を通り越して飼い犬みたいになってしまっていて、この時も仕事で疲れた自分の目には、服の裾にかじりついてくる小型犬の幻が見えるくらいだった。
何でこんなになったのやら、甘やかした自分が悪いのか、種族の壁を簡単に飛び越えてしまった妻が悪いのか……。

失敬、話が反れたね。
そうはいっても時間は深夜だし新聞も量があって重かった。
だから妻には、「自分がやるから休んでていいよ」と言って、妻をうっちゃって一人で新聞を運び始めたんだ。

自分の自宅はマンションの1階なのだけれど、古新聞はマンションの入り口の風除室の片隅に出しておくことになっている。
そして、風除室からマンション内に入る自動ドアは、深夜帯はオートロックになっていて、鍵を持っていくか中から開けてもらわないと締め出されてしまう。
とはいえ、今は部屋に妻がいるから、終わったら開けてもらえばいいだけだ。
そう思って、自分はあまり気に留めず、4束ある新聞紙の半分を運んで行った。

指定の場所まで新聞紙を運び終えて、風除室から自分の部屋に連絡をしようとして振り返ったところで、新聞紙の束の残りを抱えた見慣れた姿が目に留まった。

「やっぱり私もついてくことにした」

――嗚呼、はちきれんばかりにしっぽをぶん回してやがるな……。

そこまでして飼い主様と離れたくないか、とかそんなに褒めてほしいのかなどと半ば呆れつつ、まあそれなら、と妻が持ってきた新聞紙を受け取ってひとところにまとめて置いておいた。

そこまでしたところではたと気が付いた。
うちの妻は抜けている。
何がとは言わない、とにかく抜けている。
自分の背中を我知らず冷汗が伝った。
そんな夫の胸中などつゆ知らず、妻は目をキラキラさせながらしっぽを高速回転させている。
こんなとき、うちの妻が「期待」に応える可能性は極めて高い。
上島竜平が驚愕して顎を外すくらいのお約束っぷりである。

ちくしょう、本当に楽しそうな表情をしているね。
自分は、恐る恐る、妻に尋ねてみた。

「ねえ、鍵、ちゃんと持ってきた?」

「鍵?」

――お願いだよ!

「そう、鍵」

「鍵って?」

――頼むから!!

「……………………あっ」


サザンカは めのまえが まっくらに なった !






続きを読む

kalafinaのライブに行ってきました

4月17日18時開演のライブを妻と二人で見てきました。

ストリングスライブだったので、落ち着いて聞けてすごくよかったです。
その前に行ったミクexpoでは飛んだり跳ねたりしながら楽しんだのですが、どちらかといえばゆっくり音楽を聴けた方が好みですね。

妻はWakanaさんがお気に召したようです。
自分も異論はありませんが、一方でKeikoさんあってのkalafinaだなぁ、とちょっと思ったりもしました。
もちろん、Hikaruさんも自分は好きですがね。
いずれにしてもにわかの戯言みたいなものですが。

感想を書くとすごく陳腐になるので書きませんが(文才がないのが露呈!)、音楽を聴くと創作意欲が刺激されますよね。
仕事面でもそうですし、ポケモンでもそれこそミクexpoからしばらくは調子がよかったですね。
S15瞬間1位はいい思い出に(笑)

だからというわけではないですが、S15で瞬間1位をとった面子は一旦封印することに決めました。
S13でとりあげたパンプジンに戻って、今回は中サイズのパンプジンをメインに面子を組んでみたいと思います。
少し試運転をした感じではまだまだというところでしたが、動き自体は大体イメージどおりにできていたので、1匹組み替えたらそこそこ機能するような気がしています。
元々使っていた方は近々構築記事を書きますが、パンプジンの方も結果を出して皆さんにお披露目できるよう、頑張りますね。

それでは今回はこの辺で失礼します。
プロフィール

雪国サザンカ

Author:雪国サザンカ
ラノベとボカロをこよなく愛する厨二系ポケモントレーナー

TwitterID:sazanka0039

TN:ジュンキ(サン)
   ヨルガオ(ムーン)

   ジュンキ(OR)
   ユウカ(AS)

   ジュンキ(Y)
   サヤ(X)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる