選出?とりあえずボルトゴーリピクシーで

これではせいぜい1600止まりでしょう、ということで、普段自分が選出画面でどんなことを考えて選出しているのかをつらつら書いてみようと思います。
なお、自分が実際に対戦で考えている流れをほぼそのまま言語化しているため、不十分なところが出てきますので、ご了承ください。

大前提として、レートにおける選出は2分という短い時間で済ませなければならないので、個別のポケモンや有名な並びに対する処理ルートはなるべく構築の段階で考えておくのをお勧めします。
それから、レートで勝つためというからには、現環境で見かけるポケモンや並びについての知識がそれなりにないと話にならないので、そこは各自で頑張って研究してください。

あと、最長2分の思考過程でも、文字にすると長くなってしまうから、今から謝らせてください。

1 では、マッチング画面からいざ選出へ、というところで、一番最初にすることは何だと思いますか?


























正解は、選出画面を見ることです。


何を当たり前のことをというなかれ、見るというのはすなわち、選出画面からできる限り相手の情報を仕入れて、そこからこちらの選出を決めていくということです。
これは無意識にほとんどの人がこういう流れで選出を決めていっているはず。

そうはいっても、どこに注目して相手の情報を得るかというところは、漠然と済ませていたり、情報の取捨選択でミスっている人も多いと思います。
そこで、こんな点に注目すればいいというところを簡単に提示していきます。

ただし、間違えないでほしいのは、断定できるところとできないところの区別をきちんとすることと、ほとんどは、ぼんやりこのアイテムとこのアイテムの可能性があるな、くらいの推測しかできないということです。
ここを間違えると致命的な思い違いをして負けに直結するから、本当に気を付けてください。

(1) 持ち物
① メガ枠……特に、ガルーラやクチートなど、メガでないと実用性が皆無なポケモンは、持ち物が確定できます。
おおざっぱな分類としては、次のようなイメージです。この辺は大体感覚で理解できるかと思います。

  a メガでないと実用性がない(ガルーラ、クチート、リザードンなど)
  b メガ非メガ両方実用性があるが、ややメガ寄り(サーナイトやヘラ、マンダなど)
  c 両方実用性があり、どちらか絞りにくい(バシャやゲンガー、ラティアスなど)
  d 非メガの方が汎用性が高い(ガブ、ラティオスなど)

② 襷の有無……例えば、①でメガ枠を確認したら、ガルーラ、クチートがそれっぽいという状況で、他の面子にゲンガーが見えたら、ゲンガーは襷持ちの可能性が非常に高い、という具合です。

③ ゴツメ枠の有無

④ その他……チョッキや残飯など(ここはわからないことの方が多いので、絶対に決め打ちしない)

(2) 特定の役割を持ったポケモン
起点(カバルカカイリューのカバとかボルトゴーリのボルト、ニャオニクス、ラティバシャのラティ等々)、天候始動役などの先発運用が基本となるポケモンやバトン先と思しきポケモン、積みサイクルの積みポケ(特に、お膳立てが必要なパルシェンみたいな)等基本的に後発としての運用が考えられるポケモンがいたらチェックしておきましょう。

2 パーティーの系統の確認
選出画面を見て持ち物や特定のポケモンの情報を得たら、相手のパーティーの系統を大まかに考えます。対面かサイクルか起点構築・積みサイクルか天候、トリルギミックかバトンか害悪か等々、この辺は面子を見れば大体わかることが多いでしょう。

3 初手の選出
以上を踏まえて初手を決めるのですが、その前に考えておくべきポイントをいくつか。

(1) 相手の先発・死に出し限定ポケモンを意識しましょう。1(2)で書いたのだけでなく、ゲッコウガみたいな速攻紙耐久がこれにあたります。
厳密には違いますが、非メガに汎用性があまりなくて、メガ非メガでガラッと耐性が変わる連中は、リザXを除き先発で来やすいというのは意識しておいてもいいかもしれません(あくまで来やすいだけですが)。

(2) 相手がこれを出してくるという予想は、ある程度数をこなして傾向がわかっているならしていいですが、これは出てこないという予想は極力しないようにしましょう
言うまでもなく、もしその予想が外れた場合ほぼ負けにつながるためです。相手の処理ルートの意識というのは、構築から選出、立ち回りまですべてにおいて強く意識しておくべきです

(3) 型判別の難しいポケモンは選出を決めるうえでの妨げになるから、特にこいつらはっていうのにはここで言及しておきます。
① リザードン……ととさんのリザ検定が結構当たっているから、それを参照してください。

ととのレート奮闘記。「リザードンのみわけかた。」

② ゲッコウガ……フェアリーの処理ルートないしフェアリーに対する明確な引き先があるかどうかという点から、ダストシュートを持っているか≒物理両刀か特殊型か、ある程度の判別がつくことがあります。これは、特にフェアリーに対する明確な処理ルート(ガルドやガモス、耐久アローなど)が見えている場合には当たりやすいです。ただし、他にフェアリーを処理できそうなのがゲンガーである場合は、例外的にゴミを投げてくることも少なくないです(自分は二度ほどそれで痛い目を見ました(笑))

※ 特定のポケモンに対する処理ルートはどれかという視点は、型判別において役立つことが少なくありません。色々なところで応用できるので、こういう視点を普段から持っておくといいと思います。

③ 逆にあまり決め打ちをしない方がいいのはガル、マンダ、メガゲンガー、ガルド等々。いずれも読み違えると負けに直結しかねないためです。一般論として、個体数の少ない型にヤマを張ることは極力しない方がいいと思うという程度です。

参照:Happy*Canvas「レートにおける『軽視』の対象」

少し長くなりましたが、いよいよ初手を決めるパターンについて説明します。

① 相手の多くの面子に刺さっているポケモンを初手で選出する……実は、自分はこういう選出の仕方はあまりしません。理由としては、このポケモンが自分の面子の中で相手に対する一貫性を作りやすいからです。言い換えると、相手の阻害要因を排除したらそれだけで勝ちが大きく近づくということです。

例外として、そのポケモンが襷持ちなどの理由で受け出しが難しい場合、一貫性を取りやすそうなのがもう一体以上いる場合、後述する②のパターンを兼ねている場合は、初手から積極的に打って出ることをします。

② こちらにとって一番刺さっているポケモンへの対策枠を先発させる……メガヘラなど、特に受け出し困難な相手に対してはこの選出をすることが多いです。そうでなくとも、この選出の仕方をすることで、こちらが一番対処しにくい相手に対して対処をできるように選出することから、リスクが一番小さくなりやすいので、自分はよくこのような選出の仕方をします。
もっといえば、一般論としては、こちらの面子に対して刺さっているポケモンは、初手にくることが少なくないです。特に、そのポケモンが受け出ししにくい系統のポケモンである場合は、高確率で先発で来ます。
もちろん、起点構築やギミックなどはいうに及ばず、サイクルを回しやすいポケモンだと後発にくるということもありますし、最初に崩しを入れてから蹂躙するという選出パターンもあるので、一概には言えませんが、一つの考え方として頭に置いておいてもらってもそんはないかな、と思います。


③ 相手の展開を阻害できるポケモンを先発させる……起点構築やギミック系、天候等が相手で、相手に展開をさせたくない場合にとる選出パターンです。展開されても相手のエースを受けきれるなど、展開されてもあまり問題がない場合や、展開阻害よりも相手が展開することで得られるターンアドを利用して相手を崩した方が早い場合には、あえて通常どおりの選出(上記でいうと①のパターン)でいくこともあります。

4 2番手以降の選出
初手を決めたら、2番手と3番手を決めていきます。初手が不利対面を取ったときの引き先が2番手で、2匹で処理ルートが薄くなりそうな相手への対応が3番手です
ここで絶対にやってはいけないのは、相手のこのポケモンを出されると詰む、という選出をしないことです。もしそのような事態が頻発するなら構築自体を見直した方がいいと思われます。

どうしてもそのようにしないといけないときは出てきますが、その場合はなるべく選出画面からこのポケモンのこの型は切ってもいいという根拠を見つけた上でそうしましょう(上の例だと、ガルドがいるからゴミ投げは切って残飯瞑想ニンフィアでゲッコウガを見る、という具合)。
そうすることで、少しでも博打に勝つ確率を上げられますし、外れたときも精神衛生を害する度合いが少ないです(笑)

選出の決め方でさらっと書きましたが、刺さっているいないの判断は、結局のところ情報の取捨選択をなるべく正確に行った上でのものなので、最終的には個々人の知識量とかに委ねないといけない部分が多いです。
あくまで自分が選出するときにはこんなことを考えているよっていう内容だというのをご了承ください。

最後に、パーティー構築や立ち回りを含め、参考文献をいくつか。
いずれも非常に勉強になるから一読をお勧めします。
ただ、あえて難点を挙げるとすれば、情報量が非常に多いので、2分間でこれだけを実践しきるのはさすがにきつそうかなってとこくらいです。
※ 本記事にて参照したサイトは無断リンクですので、問題がある場合は御指摘ください。直ちに削除いたします。

タケシズさんの選出・立ち回り講座と型判別について
タケポケ道場「【選出・立ち回り講座】ポケモンで高レートを目指そう【シングルレート】」
タケポケ道場「【講座?】選出画面から型推測に挑戦してみよう【ORASシングルレート】」

サイト名:最高に意味不明(XYレートで最高2100台後半の方)
最高に意味不明「【シングル】PT構築の仕方」
最高に意味不明「【シングル】選出の考え方」
最高に意味不明「【シングル】安定行動とは」


今回は以上で終了します。
次回は立ち回りについて思っていることを書きます。
また記事が文字で黒々としてしまいますがお許しを(笑)
スポンサーサイト

テーマ : ポケモン
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪国サザンカ

Author:雪国サザンカ
ラノベとボカロをこよなく愛する厨二系ポケモントレーナー

TwitterID:sazanka0039

TN:ジュンキ(サン)
   ヨルガオ(ムーン)

   ジュンキ(OR)
   ユウカ(AS)

   ジュンキ(Y)
   サヤ(X)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる