スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Q.安定行動って何ですか?

A.ゲンガーの さいみんじゅつ!
あいての サザンドラは ねむってしまった!






















なんてやっていると、

あいての サザンドラは ラムのみで めをさました!
あいての サザンドラの でんじは!
ゲンガーは まひして うごけなくなった!


となりますので、今回は立ち回りについて色々考えてみたいと思います。


今回は、前半は自分が愛読しているタケシズさん記事(【選出・立ち回り講座】ポケモンで高レートを目指そう【シングルレート】 )の受け売りで、後半は自分でアレンジしている部分の説明になります。

別に自分で考えるのが面倒というわけではなくって、半分を受け売りに割くくらい有用だと思っているってことで許してください。
なお、無断リンクのため、問題があれば直ちに削除します。お申し付けください。

大前提として、立ち回りをするうえで必要なのは、リスクとリターンの計算をして、どの行動をとればリターンが一番大きくなるか、という考え方です。
もちろん、計算の精度は人それぞれですが、こういう考え方ができないと、上の極端な例で挙げたみたいに、思考停止の立ち回りになって負けに直結します。

ここで、いわゆるヤンキープレイとの違いについて触れておきます。
ヤンキーは、リターンの大きさだけを見てリスクの計算をせずに行うもので、両者を正しく差し引きするとリターンの期待値が高くないプレイングのことと考えています。
理想的なのは、常にリターンの期待値が高くなるように立ち回ることで、これとヤンキーは似て非なるものといえます。

ただ、敗色濃厚な不利な局面で戦況を覆すために、相手の深読みに期待してこういうプレイングをすることもあるから、絶対にヤンキーがNGというわけではないです。
もっとも、相手のレート差とかで初手からヤンキーを仕掛けるような真似は、正直勝負を投げているとしか思えません。
高レートの人に勝ちたいなら、なおさらリスクとリターンの計算を徹底して行うべきです。

じゃあどうすればっていうのが今回のテーマですが、それを考える前に、そもそも対戦における行動にはどういうのがあるのかというのをきちんと分類してみます。
これに関しては、タケシズさんが整理してくれた概念が非常に有用なので、多少アレンジしつつ、ほぼそのまま踏襲します。

かいつまんで説明すると次のとおり。

1 技選択画面における行動の分類
① 無難……相手の居座りを前提に最も有効な技を選択する場合。リターンの大きさは、相手居座り>相手交換
② 強気……相手の交換を読んで技を選択するが、仮に居座られても被害が小さいという場合。リターンの大きさは、相手交換≧相手居座り
③ 勝負手……相手の交換を想定した一手で、決まればこちらへのリターンが大きいが、相手に居座られた場合、大きく戦局がこちらに不利になる
④ 悪あがき……敗色濃厚な局面で相手の深読みや運要素による逆転を狙う一手。
⑤ 弱気……相手の交換が想定されるが、居座り読みで技を選択。相手が居座った場合のリターンは大きいが、交換された場合のリスクが大きい。不利対面を作られ、試合の展開を左右しかねない。

※ ここでは、技選択における行動の一種として紹介されていますが、元記事でも、一般にリスクを取って勝負を取りに行く手という用語としても使われているようなので、この記事でもそのような認識でいてください。

2 交換時における行動の分類
① 受け交換……相手の技選択に対して被害が最小となるように行う交換
② 起点警戒……能力ダウンや麻痺火傷等の状態異常で相手の後続に起点にされるのを防ぐための交換
③ クッション保存……そのポケモン自体は消耗しているが、相手の攻撃を受けて控えを死に出しさせるなど、クッションとしてとっておくために交換
④ 切り捨て……とっておいたクッションや役割の薄いポケモンを切り捨て、控えを死に出しさせるために行う交換
⑤ 交換読み交換……相手の交換を読んで有利対面を作りに行くために行う交換勝負手の一種
⑥ 釣り出し……こちらの有利対面から相手の交換先に対して有利対面を作るために行う交換で、釣り出し後の無難な手が対面の相手にも控えにも一貫して通るという場合に行われる。これも勝負手の一種。
⑦ ハッタリ……相手の深読みを期待して行う選択。負けが濃厚な場合の手。
⑧ 混乱解除

全部を完ぺきに把握しておく必要まではないかもしれませんが、一つだけ、対戦では必ずどこかに勝負手があるというのを認識しておいてください。

この勝負手は、場合によっては初手にくることもあります。
大事なのは、自分の今の選択が勝負手なのかどうかというのをきちんと認識して選択することです。
一見有利な状況に見えても、選択を誤ると死ぬっていう場面は実は多くて、そのことに気づかずに無難に思える選択をしてしまって負けるというパターンはよくあります。
適切な場面で適切に勝負をかけに行くことが、レートを上げるために必要なことです。

ちなみに、勝負手(技選択の場面に限らず、リスクを取って勝負を取りに行く手の意)で具体的にこちらがどういう行動をとるのかについては、自分はこんな風に考えています。

① 相手の交換を読んで居座って技選択
② 相手の交換を読んで交換読み交換/釣り出し
③ 相手の強気の行動を読んで受け交換
④ 相手の釣り交換を読んで居座り


そうはいっても、勝負手でどういう選択をすればいいの、リスクとリターンの計算って言われてもよくわかんないっていう人も多いと思いますので、自分はこうしているというのを紹介していきます。

まず、前回の記事で、選出画面からできる限り情報を得るのが大事だと書きましたが、これは立ち回りを考えるうえでも同様で、初手対面から情報をなるべく得ようとするのが大事です
何をするかというと、手の行動からポケモンの型や控えの選出を推測していくということです。


まず相手の初手を見て、自分の面子と照らし合わせて、そのうちの何が来たら不利かを考えると、裏にそのポケモンへの対策枠が高確率で選出されているはずです。
そうすると、相手の2体目はそこそこの確率で察することができます。

たとえば、相手がテンプレの対面厨パでこっちにドランが見えていて、初手でゲンガーを選出してきた場合、相手の裏には高確率でガブかスイクンのどちらかが選出されている、といった具合です。

次に、相手の取った行動から、何か情報はないか考える癖をつけましょう。

たとえば、初手でこちらアロー、相手リザが対峙したとする。
こちらはXが怖いから交換することになりますが、この時相手も同時に引いてきました。

この場合、相手のリザがXだったらよほどリザを温存したいとかでなければ竜技を打つのが安定です(裏のフェアリーで受けられても、交換不能にはならないから、起点にはされない)。

なのに交換してきたということは、こちらのアローに有効打がないか、アローの型によっては一撃で倒されるんだろう……Yの可能性が高いっていう感じで推測していきます。

もう一つの例として、こちらが場にHDアローが出ていて、型バレしている状況。相手はどうもポリ2とアローを対面させたがっているらしい行動をとっているとします。また、相手の特性がダウンロードなのは見えているとします。
そうであるとすれば、通常は不利であるはずのポリゴン2がHDアローを処理できる手段を持っている可能性が高いと考えられますので、生意気で空元気を持っている可能性が非常に高く、もっといえば自己再生と電磁波を持っている可能性も高い、といった具居合です。

相手の取る行動には必ず何らかの理由があって、その理由を探せば情報が得られるという寸法です。

また、有利対面ではこちらに戦局が傾くようにコントロールしうるから、その一手で相手の情報を得られるように行動することもあります。

たとえば、相手がヘラクレセドランでこちらが初手HDアロー選出で控えにドランがいるとします。
相手が初手でヘラを選出したとき、相手はほぼ100%ドランに引いてくるから交換読み交換を決めてもいいのですが、あえてドランにブレバをぶつけることで、相手のドランの型をみるという立ち回りをします。

これは相手の交換読み交換のリスクを回避するという意味もありますが(ゆえに相手がヘラを捨ててくれればラッキー)、ドランが出てきたとして、残飯が発動すれば毒守型である可能性が高く、ゆえにこちらのドランで抑えられる可能性が高いです(ただし、大地持ちが怖いので、念のため挑発を入れて様子見してからバックします)
HPが減らなければ残飯以外の持ち物で、可能性が高いのは所持率の高い眼鏡です。
この場合、交換読み大地の可能性を考慮して次の一手が勝負手となる、みたいな感じです(個人的には、羽で技を固定した後対応するのが無難かと思いますが、3枠目によってはそちらに引いた方がいいかもしれません)。
余談ですが、普通の毒守の場合、ドランに交換した時点で相手は交換するか苦し紛れの身代わりしかないので、強気の炎技選択が非常にうまくいきやすいです。
炎技がマグストの場合、外れさえなければ裏のクレセかヘラのどちらかを始末でき、勝ちに大きく近づきます。

こういった具合に、立ち回りの中で情報を集めて、選出段階でぼんやり想定していたことの精度を高めながら、一つずつ選択していきます。

もう一つ、別の側面からの選択の仕方として、相手がこちらのポケモンに対する処理ルートをどうしているかを考えると、相手の行動が読めるということがあります

例えば、相手がガルド、こちらがドランで相手がサザンガルド、こちらの選出画面にニンフィアが見えていた場合、よほどニンフィアの刺さりがいいのでなければ、ニンフィアの処理ルートはほぼガルドのみと想定されるので、ガルドを温存してくる可能性が極めて高い→裏のサザンが来る可能性が高いから、強気の行動をしやすい、という感じです。
余談ながら、ここでのドラン側の選択としては、マグストがあるなら釣り交換防止でマグストを打ってニンフィアに交換後ガルドに負荷をかけるという選択をしてもいいし(ニンフィアが瞑想型でガルドが物理型でない場合。襷の可能性は、サザンガルドだから切っていい)、ラスカでサザンに負荷をかけて次で相手の釣り交換からのドラン読み聖剣を読むかどうかの択にしてもいいです。


処理ルートを意識するというのは自分の側から見ても有効です。
こちらのポケモンを切り捨てるかどうかを判断するときに、相手の選出画面を思い出して、相手のあるポケモンに対する処理ルートが確保できているかを考えることによって、切り捨てのメリットとデメリットのどちらが大きいかを判断しやすくなります
処理ルートが確保できているとして、温存した場合と切り捨てた場合でどちらが負け筋が多いか、逆に切り捨てることで目の前のポケモンを起点にして勝負をかけに行くか、等々と考えていきます。

こんな風に、相手の情報を一つずつ明らかにしていきながら、自分の側でも処理ルートの確保を徹底して考えると、相手が取りうる行動はどんなもので、そのうちどのような行動をとられたときにこちらの被害が大きくなるか、そうだとすれば、こちらはどのように対処すべきか/逆にこちらがどのような行動をとれば相手の損害が大きくなるか、それに対する相手の対処はどんなものかというのがわかるようになってきます。
そうしたら、両方を天秤にかけて、最終的にどう行動すべきかを決めて判断していきます。
その積み重ねで勝負を展開していって、最終的に3匹を沈められれば勝利です。

実際には、択がうまくいかないことも多くて、失敗したときにリカバリが利くように選出なり立ち回りができていれば劣勢を覆すこともできますが、勝負手に負けた場合はリカバリも利かないことが多いです。

最終的には知識と想像力を総動員して相手の手の内をちょっとずつ確定しつつ、こっちが相手に対して持っているカードを消耗させないようにして、どれかを一貫させて勝つっていう何とも人任せな結論に落ち着いてしまいますが、考えていく上での道筋にでもなればってことで許してください。

まとめると

対戦には試合を左右する勝負手があって、そこを正しく認識して正しく悩む

②初手を含めた相手の行動から一つずつ情報を得ていく+相手のポケモンに対する処理ルートを極力絶やさないように行動する→両者を天秤にかけて、よりこちらの損害が小さく、相手の被害が大きくなるように行動する

という感じです。

以上、2回にわたって実際の対戦の流れに従って、自分が考えていることのあれこれを書いてみましたが、必ずしもこれが正解というわけではありませんし、また、他にも色々目の付け所や考えていることはあると思います。
あくまで、選出や立ち回りをどう判断していくかを考えるうえでのとっかかり程度に考えていただければ大変幸いです。
むしろ自分の方が選出や立ち回りがうまくなくて、ミスをすることを前提に考えてばかりなので、間違っているところや補足等々ありましたら、ぜひ教えてください。

それでは今回の記事はこれで終わります。
お読みいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : ポケモン
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪国サザンカ

Author:雪国サザンカ
ラノベとボカロをこよなく愛する厨二系ポケモントレーナー

TN:ジュンキ(サン)
   ヨルガオ(ムーン)

   ジュンキ(OR)
   ユウカ(AS)

   ジュンキ(Y)
   サヤ(X)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。