シーズン15瞬間2100達成構築 【パンプジン中メイン】小悪魔カボチャとゾンビなコロネ

今シーズンもお疲れ様でした。
今期は天国と地獄をいっぺんに味わって、今までで一番つらいシーズンになりました。
とはいえ、自身初の2100を達成できたのは非常にうれしかったですし、最終は2016で何とか終えることができました。

IMG_20160517_032153.jpg
IMG_20160511_221324.jpg


……試合数を見て、何があったかは察してください(笑)最終日の時点で1817で、一時は1700台まで落ちていました
よく2000にまで戻せたもんだと自分でも思います。
最後の方はもはや義務感に近い何かがありましたね……。
敗因はパーティーの6枠目が最後まで固まらなかったこと、これに尽きると思います。


gourgeist.gif
NN:ウィラ
慎重@オボン H244D180S84(実値115) お見通し
タネ爆弾/鬼火/宿木の種/光合成


今期の相棒枠にして多分自分の最高傑作っていうくらいにはいい配分ができたと思います。
配分はB方面が意地ガルの冷Pに対して火傷オボン込みで回復が追い付く程度、D方面はスイクンの冷ビをオボンなしで2耐え、1積み冷ビをオボン宿木込みで2耐え、C177ボルトの珠めざ氷をオボン込みで2耐え程度。両刀ガルの文字や冷ビも余裕をもって耐えます。
メイクンに対して追加効果や急所の事故がなければ後出しから役割を確実に遂行できる優れものです。

Sラインをここまで伸ばすことで、大体のスイクンやミトムに対して上から技を入れることができ、いい奇襲になりました。
他にも、Dを確保しつつSを伸ばすことでメガバナに上から鬼火を入れられるので、後続のドランあたりが非常に動きやすくなりました(交代読みで宿木地震粉あたりを打ってくれれば爆アド)。

素の耐久がそうでもないため受けだし性能をやや犠牲にしているものの、役割対象が向かってきてくれることが多いので、対面での耐久を疑似的にオボンで補ってやることで非常によく機能してくれました。
スキスワ入りの物理受けとはまた違った使い勝手でしたが、スイクンを潰せてボルト相手にも無抵抗にならないため、対面構築相手への動かしやすさはこちらの方が上かもしれません。

ボルトを重く見たいなら威張るイカサマ採用の方がいいかもしれませんが、使用感としては、スイクン相手にやや不安定になったり、特殊相手に撃つとしても単独ではそこまでアドが取れないことが分かったので、個人的には上記の構成の方がお勧め。

もう一点着目してほしいのがゴーストタイプで、つまりメガゲンにキャッチされないということです。
たとえば後述するドランとガブが対面して相手の後続にメガゲンがいる場合に、地震読みでガブに後出しして鬼火なり宿木なりを入れることが許されます。
サイクル系にとっては、相手の物理への対策枠をメガゲンにキャッチされて壊滅する展開を一番避けたいので、そのリスクをある程度回避できるのは非常に優秀でした。

大サイズを使っていた時にもそうだったのですが、相手側から見たらサイズの違いはあんまり分からないんだろうな、と思います。
そもそも個体数も少ない上に、おそらく特大や小ばかりだからか、主にSに関してサイズに合わせた対応をされたことはありませんでした(どちらかといえば遅いことを前提に動かれることが多い印象)。
使用者側からしたらこの時点でアドを取りに行く機会ができるので、この辺は強みだなぁ、と思いました。

選出率はガル入りに出すことが多かったものの、受け出しのしづらさ故出しにくい場面もあったため、後述のメガヤドランとで2位か3位。

パンプジンに関しては、サイズごとの単体考察みたいなのを書きたいですが、まだ小と特大を使ったことがないのでしばらく先になるかなぁ……。

NNの由来はラノベです。問題児シリーズのウィラ・ザ・イグニファトゥスから。


slowbro-mega.png
NN:エテポンゲ
図太い@メガ石 H244B252S12
熱湯/冷凍ビーム/鉄壁/怠ける


シーズン13の時にお世話になったメガヤドランです(参照:シーズン13レート2000達成【パンプジン大メイン】カボチャランタンとヤンデレ姫)。

パンプジンを使うときに辛くなるバシャやマンダを広く見られて、パンプジンの不安な物理への受け出しを補えるコマということで採用しました。
鉄壁を積めれば弱点すら抑え込める理不尽な物理耐久は、特性と相まって非常に使いやすかったです。
相手がガブガル選出で来てくれると大体勝てるのですが、環境に増えたかみ砕くガルにはヘイトがたまりました。
対面から鉄壁を積んでいるのを突破しかかるとか明らかに頭がおかしいとしか思えない(失笑)

両刀マンダに対しては対面からならあまり問題がなくて、捨て身に受け出しした場合はダメージ量である程度判断ができるから、後述するドランかニンフィアで受けつつ最低限のHP管理を行うイメージで立ち回っていました。

物理はガルドを除いて軒並みシャットアウトしてくれたので、後述するドランと並んで今期のMVP枠といっても過言ではないのですが、逆にこのポケモンがいたことで珠剣舞ガルドを呼びまくって非常に処理に難儀しました。

余談ですが、対面から地割れをぶっぱして一発で当ててくるリスク管理のまるでなっていないマンムー使用者は重々に反省すべき。
そんなんではその場では勝てるかもしれなくても極論7割負けるから、勝率をすり減らす行為でしかありません。
そういうプレイングしかできない選出なり構築なりを恥じていただきたい(真顔)


NNの由来はドラクエ7から。

heatran.gif
NN:おおえんま
控えめ@チョッキ 実数値H189B126C200D132S98(非理想)
マグマストーム/ラスターカノン/大地の力/原始の力

3シーズン連続で使っているチョッキドラン。便利すぎて外せません。
ゲンガーボルトを始め等倍以下の特殊を広く見られて非常に強いです。
また、技範囲が広くそこそこ火力を打ち分けできるのも、とても使い勝手がいいですね。
あと、補助技を読まれて挑発をもらうことも多いので、アドを稼げたりすることがちょいちょいありました。

マグストが非常に便利で役割対象をキャッチしたり釣り交換を防いだり宿木や鬼火と合わせてスリップダメを稼ぎに行ったりと幅広い用途で使えます。

当ててくれさえすればね!

この型のドランに関しては、以前に単体考察を書きましたので、よければそちらも参照してやってください(参照:【単体考察】チョッキヒードラン)。

ゲンガーやガルドが重きに重かったため選出率は1位でした。
この面子がきつい相手を一手に引き受けてくれていたので、間違いなくMVPといっていいでしょう。
もっとも、この面子ではゲンガーボルトスイクンみたいな選出をされてドランが過労死することも多かったです。
6枠目がきちんとしていればもう少し改善できたと思いますが、最後まで修正が利かなかったのが大いなる反省点です。

NNの由来はムシウタのハルキヨの虫から。

sylveon.gif
NN:ピアニッシモ
控えめ@残飯 H244B220S36
ハイパーボイス/瞑想/眠る/寝言


3期連続採用その2にしてもはや大魔神レベルの安定と信頼のクローザー。
相手のサザンを起点にサイクルを回したり、等倍以下の特殊や半端な物理火力、耐久を相手に積んで暴走したり、対受けルのエキスパートだったり、A182ガブの地震を大体2耐えしてくれるので最低限の仕事を果せたり、といった仕事人。

選出の障害となるゲッコウガに関しては、ガルドやハッサムみたいな特殊フェアリーへの明確な処理ルートがあるかどうかを一応の目安として出す出さないを決めていました。
Cメインであれば基本的にはカモれる相手なので、型が推測できた時点で積極的に選出した一方、引き先っぽいのがゲンガーのみなどちょっとでも怪しいと思ったら選出は控えて、後述のバナやバシャに任せていました。

物理ガルドを呼びまくったのは主にヤドランとこのお方のおかげと思われる

Sラインを結構伸ばしているつもりだったのですが、最近はこのラインでも同族で上をとられることが増えました。
これ以上HBを削ると対面のマンダやガブに対して最低限の仕事ができなくなる可能性があるのですが、その辺はどう考えているのか、個人的には謎で仕方がないです。どなたか教えてください。

あと、対面のニンフィアに開幕ギロチンをかましてくるのは本当にやめていただきたい。
そうせざるを得ない時点で選出に問題があるとしか思えません。
大人しくバナなりラッキーにひくのが正しいはずなのに、メイフィア一点読みでギロチンはどうかと思います。

選出率は僅差の4位。

NNの由来は掛詞。


venusaur-mega.gif
NN:ベラドンナ
図太い@メガ石 H236B252S20
ギガドレイン/ヘドロ爆弾/宿木の種/光合成

S14でお世話になった主に対ゲッコウガを担う枠にして、宿木と合わせて色々誤魔化しが利くえらい子です(参照:シーズン14瞬間レート2082・最終レート2000達成【ユキノオサイクル】 雪風式・花鳥風月火炎ノ嵐)。
ガルのような大火力はさすがに相手できないものの、対面からごまかす程度はできます。
また、A182ガブの4段階上昇地震を高乱数で耐えたり、宿木込みでバシャのフレアやガルドの影玉を耐えるのが非常にえらかったです。
ガブに関しては、対面から宿木とギガドレインで削りに削って後続のバシャか何かに任せるくらいまで持っていけるので、苦しい選出を強いられたときでもわりと戦えたりしました。

マリルリやマンムー、ミトムヒトム、ギャラなど、フリーにしておくと面倒なのを色々見られるし、宿木でサイクルの負担を軽減できるので、サイクル系ではなかなか強いと思います。

余談ながら、受けルから着想を得たのですが、悩みの種は特性を消せたりもするのでなかなか面白いんじゃないかと思います。
基本的にはスイクンやニンフィアなんかを見るためだと思うのですが、スペレでなくても使い道はありそうな気がします。


選出率は、刺さるときにしか出さないため5位であるものの、最終日にかなり選出が増えたので、比較的刺さるパーティーは多いかもしれません。

NNの由来は毒草で響きがよさげなものということで。

blaziken.gif
NN:グンダリ
意地@メガ石→ラム H108A252S140→A252S252D4 加速
フレアドライブ/飛び膝蹴り/守る/バトンタッチ→鬼火

迷走した6枠目でガルドの牽制やヘラクレセドランへの対処、対ゲンガー、ゲッコウガ性能等を考えつつ、状態異常で機能停止させたくないということで、最終的にこのポケモンに行きつきました。

1加速で130属が抜けませんが、メガゲン相手には初手鬼火から入って後続にあたればラッキー、ゲンガーにあたれば守るで削ってフレアで処理するか後続を削って後ろに任せる感じです。

鬼火は有利対面から受け出ししてくる相手や、こちらの死に際に対面の相手に刺して、後続が受けまわすためのサポートになったり、その後のサイクルで自身が突破する際の火力の補助として非常に便利でした。

バトンバシャもそれはそれで強かったのですが、バトンの恩恵を受けるのがニンフィアくらいしかいないことが分かったのと、サブウエポン的な選択肢がほしくなったこと、メガだとボルトや何かがいると動きにくくて仕方がなかったことから最終的にこの構成に落ち着きました。

最終日まで動かし方がわからず非常に苦労しましたが、最後の最後でそこそこうまく使いこなしてあげることができたと思います。
あと1日早ければもうちょっといい結果が出たかもしれない、なんていっても仕方がないけれど(笑)

実はガルドを落とせないから本当はメガの火力がほしかったのですが、最後は割り切りました。

選出率は6位ながら、最終日に多少信頼度が上がったので、今後採用することがあればもう少し使ってあげたいですね。

NNは炎物理大火力のイメージから、明王にちなんだ名前にしようかな、と思いまして。

【おまけ】6枠目迷走の軌跡

2000達成時:HDアロー(配分はテンプレ、物理ガルドがきつくて上に上がれないと思った)(参照:シーズン14瞬間レート2082・最終レート2000達成【ユキノオサイクル】 雪風式・花鳥風月火炎ノ嵐

2100達成時:バトンメガバシャ(ガブボルトがきつくて出しにくかった)

迷走時:控えめH188C84S212メガリザY 放射、ソラビ、気合玉、羽(結局ガブボルトでNGだったがポテンシャルは非常に高かった。別パでぜひ使ってみたい)(参照:【単体考察】サイクル参加型メガリザードンY 備忘録

控えめH44C252D4S220珠サザン 悪波、文字、挑発、流星(ゲッコウガとガモスがきつくなりすぎて、上位の対面構築相手に蹂躙された)

意地ASぶっぱスカーフオノノクス 逆鱗、地震、ダブルチョップ、馬鹿力(ガルドが無理ゲーになってしまって本末転倒)(参照:シーズン13レート2000達成【パンプジン大メイン】カボチャランタンとヤンデレ姫

最終日:ラムバシャ

ほんと苦労したんです……(笑)


きつかったのは上で触れたゲンガーボルトスイクンみたいなドランを過労死させる選出と、受け出しが厳しい物理ガルド小さくなる系統の害悪系めざ地面ガモス(高レート帯はほとんどこればっかりで、ドランで対面処理しないと勝てないため非常にきつかった)等々。

あと、雑感として、素催眠クソゲーは本当に増えました。
何でこんな恥知らずなポケモンを使いたがるのか本当に理解ができません。
万の言葉を以て罵ってやってもまだ足りません。
技術と知恵を絞って戦うのが面白いのに、脳死催眠でアド取りうまーみたいなプレイングは大っ嫌いです。
しかも、今期は高レート帯で身代わり入りがちらほらいてもう何を考えているのか全く分かりませんでした。
非常に腹立たしいのでまとめて殲滅してやりたいのだけれど、そんなのに特別枠を割いて全体の汎用性を下げたくないからどうしよっかなーって感じです。


今回はずいぶん毒を吐いてしまった気がしますが、多分気のせいでしょう(笑)
それはさておき、今期の総括として、2100を達成して一皮むけたかと思ったけれど、はっきり言ってそれは幻想でした。
自分が上位でやっていくにはまだ実力が足りてないことがはっきり分かりました。

今までは選出やプレイングが雑なのを構築レベルでカバーしていましたが、2200超えや最終1ページを目指すとなったら、特にプレイングの方を改善していかないと駄目だと悟りました

というわけで、来期はプレイングの幅を広げるという意味もあって、多分サイクル系にはしないと思います。
相棒枠は小パンプジンで、積みサイクルか、パンプジンの動かし方次第では、ひょっとしたら害悪系(脳死運ゲではなくきちんと試行回数を稼ぐ系統のやつ)になるかもしれません。

それでは今回はこの辺で終わります。
お読みいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : ポケモン
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

パンプジンとヤドランは組み合わせとして考えたことがあったのでとても良い完成度で参考になります。
それと差し出がましいのですが、このPTで素催眠ゲンガーに負けることがあるのは仕方の無いことだと思います。
自分もヒードランを穏やかほぼ特化かつ守るを採用して見ようとしたことがあったのですがどうしても霊の一貫が苦しく、運でやられることが多くて2000にいくときには抜けてしまっていました。
長文、失礼しました。これからも頑張って下さい

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
参考にしていただけたようで幸いでございます。

素催眠その他メガゲンに関しては全く以ておっしゃるとおりで、サイクル系を使っている以上、ある程度やられるのはやむを得ないですね。
ガルーラとはまた違うベクトルで厄介です。

素催眠にはかねてからヘイトがたまっていたのですが、特殊高耐久で「かわせ!」とやっているせいか、ここ最近はなんだかんだ勝てることも多いです。
実は対メガゲンの勝率はそんなに悪くなかったりするかもしれませんね(笑)
とはいえ、素催眠もそうですが、今期かなり数を増やした身代わり滅びも不利対面を取った瞬間一匹持っていかれるのでなかなかきついです。
使っていて面白いメガゲン対策があったら是非お伺いしたいですね。

今後も愉快な面子で勝てるよう頑張りますので、今後ともよろしくお願いします。

> パンプジンとヤドランは組み合わせとして考えたことがあったのでとても良い完成度で参考になります。
> それと差し出がましいのですが、このPTで素催眠ゲンガーに負けることがあるのは仕方の無いことだと思います。
> 自分もヒードランを穏やかほぼ特化かつ守るを採用して見ようとしたことがあったのですがどうしても霊の一貫が苦しく、運でやられることが多くて2000にいくときには抜けてしまっていました。
> 長文、失礼しました。これからも頑張って下さい
プロフィール

雪国サザンカ

Author:雪国サザンカ
ラノベとボカロをこよなく愛する厨二系ポケモントレーナー

TN:ジュンキ(サン)
   ヨルガオ(ムーン)

   ジュンキ(OR)
   ユウカ(AS)

   ジュンキ(Y)
   サヤ(X)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる