シーズン2爆死報告

タイトルのとおりです。
まさか2000すらたどり着けずにシーズンが終わってしまうとは思いませんでした。
一番高かったのでもジャラランガ入りの1980という体たらく……。
最終レートなんて1800すら届かずに終わりそうです。
今期の失敗を次に活かしてなどというレベルではなく、根本的に考え直さないと行けません。
ぶっちゃけ最後の方は仕事を犠牲にしてやりこんだのですがここまでダメだと自信をなくすのを通り越して今までの自分はすべて偶然で、今期の結果が正しい実力の反映なのでしょう、とすら思えます。
来期に向けての展望すら思い浮かばないので、こんなのを使ったらいいよっていうのがあったら教えてください。

それだけだとあまりにも生産性がないので、可能性を感じたポケモンくらいはあげておきます。

① 追い打ちべトン 意地HAベース
② 虫Zガモス 臆病CS
③ 弱保ギガイアス 意地HA
④ 水Zオニシズクモ(トリル運用) 意地HA


来期の抱負とかいう前に、まずは仕事がヤバいことになっているのでそっちを何とかします(自営業の功罪(笑))
とりあえず、来期は何でもいいので勝ちたいです。
魂を売り渡さない程度に頑張ります。
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスター サン・ムーン
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

面白そうなポケモン

シーズン2、お疲れ様です。
面白そうなポケモンとして、ちょっと思いついたことを書いてみます。
カントー×アローラやってて思ったんですけど、カビゴンがかなり圧力があった恐かったですね。
フィラの実系統の強化が食いしん坊リサイクルと噛み合い、今作でかなり始まったポケモンじゃないかなって思います。
(ガラガラのフレドラが半分も入らなかったあのカビゴンは厚い脂肪だったのかな。だとしたら環境を見据えたアロガラメタだったのかもしれません)
腹太鼓と食いしん坊の相性がよく耐久もあって崩しにくい。もちろんトリパに組み込めばさらの恐ろしいのかもしれませんが。
ぽけっとふぁんくしょんを見ると欠伸リサイクル吹き飛ばしで昆布戦法やってるような構築記事もあったり、D方面が固くテテフに対して数値受けができてしまうあの耐久は色々できそうですね。
何々の対策どうしようって時にタイプ受けのポケモンばかり探してしまって、数値受けのできるポケモンって見落とされがちですよね。

あとトリルパを組むにあたってトリル始動役とトリルエースの相性補完を大事にすると回しやすいんじゃないかなと。
例えば自分がS1に使ったヤドランガラガラベトンの並びなら、ガラガラやベトンの苦手な物理地面ATに対してヤドランを投げ、相手がヤドランに強い電気タイプを投げてくるタイミングでトリルを貼る。
そこから電気タイプにガラガラを投げ負担をかけていく。ヤドランに強いゲンガーあたりが来たらベトンで受け、トリル下のベトンで制圧する。
ベトンでは決定力に欠けるとはいえ、ヤドランには再生力がありサイクルの中で何度でもトリルの貼り直しができます。
同様にカビゴンの苦手な格闘をパンプジンで空かす。そこからトリル貼ってパンプジンの苦手な霊や炎をカビゴンで受けてトリル下で暴れるみたいな。
何が言いたいかというと、トリル切れる前に大火力で制圧するというのではなく、トリル切れてもまた貼りなおせるという耐久サイクルを重要視するみたいな感じですね。
以上、ただの思い付きです。

Re: 面白そうなポケモン

コメントありがとうございます。
結果は恥ずかしいばかりで顔向けもできないのですが、かなりがっつり書いていただいてとても助かります。

特に立ち回りに関しては、ギガドリマンダの後に使っていたクモパンプジンで失敗したときの状況に非常にあてはまると感じました。
元々のコンセプトはクモで一発かましてパンプジンが行けそうならパンプジントリル展開からクモで再度暴れる/無理なら3枚目でサイクルを回してパンプジン展開からクモ、という感じでした。
ところが、1枚目でクモが疲弊した後にリザなど本来の役割対象と対面、みたいな状況でサイクルを回すことができずに終了みたいな事態が頻発しました。

よく考えたら、パンプ→クモの相性はそこそこ良好でも、クモ→パンプはレボルト相手に展開できるのがいいくらいで実はそこまで相性がよくない感じだったのですよね……。
その辺をよく考えずにパーティーを組んでしまい、そのことにシーズン終了まで気づかずに潜り続けてしまったのが失敗の大きな要因だったのではないかな、と思っています。
そして3枚目のサイクルを回す要員の選択が甘かったのもよろしくなかったですね。
マンダを強く意識しすぎてカグヤやナット、家電あたりへのケアがかなりおろそかになってしまっていました。

パンプジン自体は数値的にそれほど出したりひっこめたりはできないのですが、半減実という素晴らしいアイテムのおかげで炎か飛行のどちらかを切れば大体の対面でトリルを展開できることがわかりました(オッカ込みで1舞ガモスの文字を耐えてくれる神)
おそらく相性がいいのはメガへラタイプの初手から投げて行けるトリルエースもしくはステロ等の補助込みで全抜きを狙いに行けるトリルエースと思います。
その辺を踏まえて次はきちんと勝てる構築を作ってみようと思います。

その流れで行くと、提案していただいたカビゴンは、トリルが切れても数値で何とかできる系統なので、元のタイプ相性もあってパンプジンとは相性がいいように思います。
元々は某BBSで言われてクチート軸で考えていて、ステロ展開+パンプクチート/アシレパンプ抜きエースに補完という感じだったのですが、展開できると強力で太鼓で即効性もあるカビゴンはよいかもしれませんね。

幸いシーズンが変わって検討時間ができたので、ちょっともんでみようと思います。
仕事?個人事業主って素晴らしいですよ(笑)

S2お疲れ様です
今期はイーブイでひたすらバトンするパーティを使っていたら自分も最高1990くらいというちょっぴり残念な結果に終わり色々と限界を感じました
まあたまにはそんなシーズンもありますよね。腐らずにお互い頑張りましょう

>来期に向けての展望すら思い浮かばないので、こんなのを使ったらいいよ
メガプテラは最近刺さっているんじゃないかと目をつけています
ただ数値受けで止まりやすいが自身は受けだしし辛いという欠点があるのと、メインウェポンである岩技の命中が不安定なためマッチングの仕様が変わった今作では高レートを目指すなら使うべきではないとも思いますが、難しいですね
刺さるときはとことん刺さるので使うなら2メガでの運用とかを視野に入れるべきかな?
プロフィール

雪国サザンカ

Author:雪国サザンカ
ラノベとボカロをこよなく愛する厨二系ポケモントレーナー

TN:ジュンキ(サン)
   ヨルガオ(ムーン)

   ジュンキ(OR)
   ユウカ(AS)

   ジュンキ(Y)
   サヤ(X)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる