FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双剣杯準優勝構築 ほのかサンライズプロトタイプ~表裏ギミックの組み方に関する考察を添えて

今回は双剣杯構築を振り返るとともに、その構築を改善しようと試みた際に感じたギミック系の構築の組み方的なお話をしようと思います。

まず、今更になりますが、双剣杯の運営の皆様、対戦していただいた方や参加者の皆様、初対面にもかかわらず仲良くしてくださったカンポケ勢の面々、何より誘ってくださった大統領に、この場を借りてお礼申し上げます。
とても楽しい大会をありがとうございました。

というわけで、S9の記事とタイアップする形で双剣杯構築を振り返ってみようと思います。
構築の経緯等はS9の構築記事の方に書いたのでそちらをご参照ください。

ポケモンの並びはこんな感じ

charizard-megay.gif
控えめ@メガ H172B52C252D12S20
火炎放射/ソーラービーム/地震/オーバーヒート
NN:ほのか


mimikyu.gif
慎重@レッドカード H252B212D44
トリックルーム/呪い/影打ち/鬼火
NN:フェイカー


rhyperior.gif
意地@岩Z H164A252B68D20S4 ハードロック
地震/ロックブラスト/剣の舞/岩石砲
NN:ガンクツオー


blaziken-mega.gif
意地@メガ A252D4S252 加速
フレアドライブ/飛び膝蹴り/鬼火バトンタッチ/守る
NN:グンダリ


cresselia.gif
図太い@超Z H236B124S148
サイコショック/瞑想/身代わり/月の光
NN:ミカエラ



accelgor.gif
臆病@半回復 H252D4S252 うるおいボディ←軽技一択で、そのせいで立ち回りが不自由になった場面が少なからずありましたごめんなさい持っていると思っていたんです()
虫のさざめき/毒菱/毒々/命がけ
NN:アサシン

当初はウツロバシャカグヤと似たような形での運用を考えていたのですが、襷が別構築で食われていたため毒菱役としてウツロイドを採用しづらく、Sによる行動保証を得られるペンドラーかアギルダーが候補に挙がりました。
自分はペンドラーでよいのではないかと思っていたのですが、大統領の強い勧めの元アギルダーを使ってみました。
そうしたところ、ゲッコウガに弱くない点や命がけによる起点回避・強引な頭数減らしという選択肢がとれる、アンコを警戒させられるなど、起点作りとして非常に優秀な要素を備えていました。
事実こいつが活躍して勝った試合もありました。

個人成績はトータル7勝4敗、負けて大統領に助けてもらうことが多かったり、VS雨で安易にリザYを投げて大敗したのをオペラさんに怒られまくったり、決勝戦で自分のガバガバダメ計によって負けてしまったりと悔いも残るのですが、それでも準優勝という結果は誇りたいと思います。
そしてその結果に対して少しでも貢献できたと信じたい。

というわけでそれなりに自信のある構築ではあったのですが、いざレートにもっていってみると、意外と勝ちきれませんでした。

負けた理由を考えてみると、被選出における役割対象の二極化が起きやすいのではないかと考えました。
小難しい表現ですが、表選出と裏選出がわりときれいに分かれている場合に、表選出でないと対応できない(あるいは極めてしづらい)ポケモンと、裏選出でないと対応できないポケモンが複数同居している場合に、選出が非常に窮屈になったりなんならじゃんけんのようになってしまい、安定しなくなった。そして、いざ相手の選出を見ると、表でしか対応できないポケモンと裏でしか対応できないポケモンが両方選出されていて、そのポケモンを通されて負けてしまうということです。
たとえば、ランドレヒレグロスのような並びを考えるとランドのSラインの関係で表選出を出しづらいのですが、他方でグロスの存在故クレセは基本的に出せません。
このような場合にこちらの選出を決定するのが非常に辛く、勝敗が相手の選出に依存してしまいことが増え、この並びがまるっとそのまま選出されてこちらの選出が噛み合わないと負けが込む、というイメージです。

流石にそのまま使用し続けるわけにもいかなかったので改善を試みた結果がS9の構築です。
結果が伴っていないのが非常に心苦しいのですが、問題解決のために取り組んだ方向性としては間違っていないはず。

解決の方向性のその1としては、自分もやってみた、起点作りないしサポートを仕込むことによってエースを通しやすくすることです。
これによって、仮に二極分化的な選出をされたとしても、エースが対応できる範囲が広がった結果対応ができるようになります。

もう一つの方向性としては、選出誘導によってそもそも二極分化的な選出自体されにくようにしようというものが挙がろうかと思います。
これは自分もなかなかうまくいかないですが、やたらそういうのが上手い人がいらっしゃるのでぜひコツを聞いてみたいですね。

というわけで、シーズン9の記事を先に上げた関係でややあっさりしてしまいましたが、双剣杯使用構築の紹介はこの辺で終わりにしようと思います。
改めて、関係する皆様、どうもありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスター サン・ムーン
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雪国サザンカ

Author:雪国サザンカ
ラノベとボカロをこよなく愛する厨二系ポケモントレーナー

TwitterID:sazanka0039

TN:ジュンキ(UM)
   イヨ(US)

   ジュンキ(サン)
   ヨルガオ(ムーン)

   ジュンキ(OR)
   ユウカ(AS)

   ジュンキ(Y)
   サヤ(X)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。